VICSケーブル 続編

どうも、たぁーです。

以前、紹介した商品ですが。。。
使用後のレビューとでも言いましょうか。。。


前回も紹介しましたが、今まではこのメーカーのVICS & ワンセグケーブルを利用していましたが、ワンセグを使うことはないとのことでこの商品に変更しました。
実際には、今まで使ってきたケーブルがきちゃなくなってきたからではありますが。。。

で、早速取り替えて利用したのですが今までみたいにVICS情報の捕捉がスムーズに取れません。
なので、購入先に問い合わせを行ったのですが出荷時点で検査を行った上で出荷しているとのこと。
そして、シガーライターケーブルなどの電磁波による電波干渉が考えられるとのことでした。

ということで、エレワークスが推奨しているシガーライターケーブルはナビ標準付属シガーケーブルかエレワークスから出荷されているシガライターケーブルとのこと

だけど、今まで利用しているケーブルは標準付属シガライターケーブルを利用しているのと前回利用していたVICS & ワンセグケーブルでは問題なかったのでシガライターケーブルも約3年利用していて端子も錆が出ていたこともありエレワークスからだされているケーブルを購入しました。


でも、やはりVICSケーブルでは捕捉があまりうまいこと出来ない状態でした。

そこで、元のケーブルも捨ててしまった後だったので、元のケーブルも追加で購入しました。


やはり、この商品だとスムーズに取れているような気がします。
何が違うのかはあまりはっきりしませんが、取り付け方に問題があるのかもしれません。
VICS & ワンセグケーブルの時は、ワンセグアンテナにキーホルダーをつけていますがVICSアンテナだけの時はかける場所がなくVICSアンテナにキーホルダーを取り付けています。
もしかしたらキーホルダーをつけることによって金具によってアンテナの取得状態が拡散されてしまっているのかもしれません。

なので、今度は今取り付けているVICS & ワンセグケーブルのワンセグ側ではなくVICSアンテナ側にキーホルダーを取り付けて実験してみようと思っています。
たぶん、予想では取れなくなってしまうのではないかと思っています。
そうなってくれればキーホルダーによる原因だとわかるのでキーホルダーの取り付け位置を変更することですっきりとしたVICSアンテナのみのケーブルを利用できるようになりますね。

 

投稿の励みになりますので
是非ともポチをよろしくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村